世界のリサイクル事情

世界のリサイクル事情について考えるサイト

世界のリサイクルの課題

発展途上国のフォロー

世界のリサイクルの課題75パーセントが発展途上国です。
先ほども述べたように、発展途上国ではリサイクルがあまり行われていません。

この問題を解決するには、先進国が発展途上国をフォローする必要があります。

発展途上国に、資源の枯渇や環境問題、ゴミの正しい処理の仕方などの知識を教える取り組みが必要です。

そして、リサイクルを行なうための法律や施設の設置について、先進国がやり方を示すことが望まれるでしょう。

また、先進国のスウェーデンでは、自国のリサイクルシステムをフル稼働させるために、他国からゴミを輸入しているようです。
このような取り組みを増やすことで、世界が連携してリサイクルを行なえるようになるかもしれません。

リサイクルのシステムのアップデート

日本は、ヨーロッパで15年前に失敗したリサイクル法をまだ用いているそうです。
このように、例え先進国でも、一昔前のリサイクルシステムが使われていることがあるのです。

世界の環境は、刻一刻と変化しています。
常に最新で最適なシステムを検討していくことが望まれます。

日本では、学校で日本のリサイクルのシステムを教えても、世界のリサイクル事情と、それと比較した自国のリサイクル事情について取り上げることは少ないのではないでしょうか。

知らなければ、改善の声は上がりません。

今の日本では、私たちが自分から世界の環境について関心を持って、知識を求める必要があります。
同時に、学校教育やメディアでも世界のリサイクル事情について、もっと取り上げるべきなのではないでしょうか。


この記事をシェアする
TOPへ戻る